Katayama Guitar | Developing innovative Electric Acoustic Guitar

This project is carried out in response to the Gifu Prefecture Regional Revitalization Fund project cost.

独自技術SMPUシステム搭載

Surface Mount Pick Up System Production process SMPUシステムの生産工程

裏甲板内側への力木=ブレーシングとセンターラインの貼り付け作業 一つ一つ丁寧に現物を確認しながら隙の無いように接着していく

ギター側胴部へ裏甲板を接着する 音響的又強度的にベストの状態に仕上げるために最新の注意を払い隙間が無いように接着していく 目視で確認しながらクランプを多数使用することによりより確実に圧締接着できる

ゲージを使用し又手触りで感触を確かめながら強度と弾きやすさのバランスを創りだす

ヒール部の形状もギターの品格を語る

指板=フィンガーボードにフレットワイヤーを打挿入する 打挿入したフレットワイヤー上面が平らになるようにすることが重要

塗装後の艶出し研磨作業=バフ掛け

枕=ナットの絃溝切り込み作業 各絃の太さに合せ、弦下からフレットまでの距離を、演奏時にビりつきを起こさないまでの最小感覚に調整する

クラッシックギター駒上の絃締結部分にSMPU-Cシステムを組み込む

検品を待つKatayama guitar マークデザインは I+K を結合させたもの

サウンドホールラベルには和紙に雷神のコラージュ 雷神はSMPUシステム付カタヤマギター用内ラベル 風神はSMPUシステム無しの生ギター用内ラベル

最終検査完了の新製品カタヤマギター(日本未発売)を持つ

pagetop