Katayama Guitar | Developing innovative Electric Acoustic Guitar

This project is carried out in response to the Gifu Prefecture Regional Revitalization Fund project cost.

独自技術SMPUシステム搭載

Innovative technology Surface Mount Pick Up System 革新的技術 SMPU

Acoustic Sound Enhancer

独自技術SMPU システムが産み出す、今までにない自然音の世界

従来のエレアコギターに見られる電気的に増幅し聞こえる音は、我々が生で聞き感じる聞き、 感じるギターの音響感、空気感、臨場感や空間的広がりの点で大幅に妥協を強いられる物(自然な音のしないエレアコギター」)である。 その部分を補正すべく、これまで無数のプリアンプやピックアップが開発され市場に登場したが、 基本的にサドル下にピックアップを配するUSPU方式であり、それにサブの補助的ピックアップを組み合わせるなどして目的を達しようとするものの、 未だどの製品も本当の意味での上記の音質音響特性欠落を解決する革新的技術を生み出してはいない。

従来のアンダーサドルピックアップ(USPU)方式

サドルの下にピックアップを配するアンダーサドル(Under Saddle)ピックアップ(PU)方式。ギターの音響感、 空気感、臨場感や空間的広がりの点で大幅に妥協を強いられる物(自然な音のしないエレアコギター)である。

*アンダーサドルピックアップ(USPU)方式はエレアコの歴史とその後の発展をスタートさせた方式であるが、 そのスタイルは誕生後何らの変革や革新がされてきていない。アコースティックギターの外観をできるだけ同じに見せることに心血を注いだため、 外観上何らデザインに影響を及ぼさないUSPU方式は理想的なピックアップの収納場所であったと同時に、絃の振動を捉える最善の場所であると考えられていた。

独自技術 SMPUシステム Surface Mount Pick Up System

そこで開発された革新的ギター、片山ギターは音響特性の解決の為に、ピックアップをギター表面に取り付けるカタヤマSMPU(Surface Mount PU) (表面取り付け)方式ピックアップ)システムと名付けた技術を採用した。ピックアップの設置場所を変える事は、今までのエレアコギターにない発想である。

クラッシックギター用

スティールストリングスギター用

カタヤマSMPUは、写真にあるようにピックアップをギター表面に取り付けています

Benefits of Surface Mount Pick Up System SMPUの利点

カタヤマギターのSMPUシステムはサドルの後ろ、ギター表面上に露出して取り付け配置してあるため、 撥絃時の絃からの直接情報は極端に少なく、ギターボディーが振動して伝わる情報が大半を占める。

我々が普段耳に聴くギターの音色は、撥絃という行為によって起きる楽器の振動を伝える周辺の空気振動による音波をその楽器の音としてとらえている。 よって、その設置位置からSMPUシステムは絃からの直接情報がUSPUに比べはるかに少なく、楽器の振動情報を主に取り込む。 又、SMPUシステムは露出しているため密閉空間のようなこもった音にならず、非常に開放的な音質である。

サドル下に位置する従来のUSPUは絃を支持するサドルという非接着状態の中間媒介を通して絃の振動情報を最も強く取り込む位置にある為、 我々が耳で聞いている音とは異質なものになる。
この違いがUSPU方式とSMPUシステムの音の違いとなる。

PU(ピックアップ)付きギターに関する優劣比較表

以下、数値化が難しい音響特性について、聴感上の感想を基に様々な相違部分を表しました。

ピックアップを通した時の音の印象比較

撥弦時の反応速度の印象比較

無音時の静粛性 ギターアンプノイズ量

エアー感印象比較

位相のゆらぎ感比較

内部残響音イメージマップ

カタヤマギター

  • PUが表面に露出して、外観上他との違いが一目瞭然
  • 電気を通し増幅した音が聴感上極めて自然で開放的
  • 通電ギター無音時の静粛性が高く気が付かない
  • 特殊奏法時(タッピング)にも追加PU不要
  • 撥絃時の音の立ち上がり反応が迅速
  • 位相の揺らぎ感がないので音の減衰が自然
  • 露出しているため音に解放感がある
  • 国際特許出願済(PCT/JP2015/76006)
  • 中価格帯域モデルから発売予定
  • 知名度、ブラント影響力は皆無

競合他社ギター

  • PUが密閉されており、外観上他との違いが判らない
  • 聴感上人工的でこもった音になる
  • ギター無音時でも電気が通じている音がする
  • 多くの場合追加PUが必要
  • 音が詰る感じでスピード感に欠ける、
  • 位相のうねり感がありリバーブ感がでる
  • 密閉空間の為こもった音になる
  • フリードメイン的技術
  • 低価格帯域から高価格帯域まで広くカバー
  • 各々が市場でそれなりのポジションを確保している

※ マップ項目は、多くのギタリストたちが印象をコメントする時の指標ともいえる表現です。

※ここでで言うリバーブ感とは、速いピッチで波のように寄せては返す音のうねりの事をさします。

Story about development 開発秘話

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

pagetop