Katayama Guitar | Developing innovative Electric Acoustic Guitar

This project is carried out in response to the Gifu Prefecture Regional Revitalization Fund project cost.

独自技術SMPUシステム搭載

Profile 想い

片山一朗
Katayama Guitar

片山 一朗

Ichiro Katayama

アコースティックギターの中にAcoustic Electric Guitar(アコースティック エレクトリック ギター)、 又は日本的に言えばいわゆるエレアコというジャンルが出現し音楽シーンの中で認知されたのは、セラミックピックアップ をサドル下駒内部分に設置したことが最大の貢献要因であると言える。

以来、音質的に、又ピエゾピックアップの使用方法においてサドル下以外に応用できるとされる方法は、 貼り付けタイプの他には私の知る限り提案されてこなかったと思う。

現状のAEギターは既にギターのジャンルの中でなくてならない物となりながらも、 その音質・音色は実際の楽器から聴こえる生音とは明らかに一線を画すことも周知の事実として認識されている。

日本でのAEギター開発史の黎明期に開発者として拘わった者として、 出発時の理想として持っていた“電気的音量増幅時にも生音をできるだけ忠実に再現する”という夢はこれまで色あせることはなかった。

今回私の開発したAcoustic Sound Enhancer(アコーステック サウンド エンハンサー): SMPUシステム=Surface Mount PU(サーフェス マウント ピックアップ)をここまでの取り組みの成果として発表し、それに対する市場の評価を拝聴したい。

pagetop